忘月忘日(跡地)

アクセスカウンタ

zoom RSS 地上デジタル化が孕む問題

<<   作成日時 : 2009/11/26 00:04   >>

トラックバック 0 / コメント 7

 
さて我が家でも1部ではありますがTVの地上デジタル化が完了したわけですが、
地デジ化政策に関していくつか書きたいことがあるので、これからツラツラと書いていきます.

そもそもワタシは地デジ化政策には反対でした.
と書くと誤解が生じるので、正しくは
「アナログ波停波には反対」とともに「国民に負担を強いることに異議あり」ということです.

地デジ化そのものには反対はしません.高画質化、多機能化するのは大いに結構な事です.
ただしアナログ波を止めてしまって大丈夫なのでしょうか.
大丈夫になるように、さかんに地デジ化地デジ化と喧伝しているわけですが、
現状の地デジの世帯普及率は約60%とのこと.
つまり今アナログ波を停止すると、40%の家はTVが見られなくなることを意味しています.
それを2年後に100%できるかというと、絶対に無理でしょう.
2011年7月にパニックが起きる様子が目に見えるようです.

山間部やビルの間など、地デジのアンテナを立てても受信できない家がまだ相当数あるようです.
総務省の見通しでは山間地等の地デジ難視聴地区が30〜35万世帯あると言われています.
また市街地高層ビル対策の共同アンテナ(アナログ)は5万施設(650万世帯)あるそうなのですが、
それらの地デジ改修対策は、把握すらできていない状態だそうです.
大丈夫なのでしょうか.大丈夫なワケないですよね.
TVが唯一の楽しみみたいな田舎のおばあちゃんが、11年7月24日になるとTVが砂の嵐に.
そんなことが現実に起こるかも知れないのです.
TVを替えるとか地デジチューナーを付けるとかの話ではなく、電波が来ないことには
何をやってもダメなのです.
これだけ声高に「止める停める」と言っているのだから本当にアナログ波を止めるつもりで
いるのでしょうが、どうなるでしょうか.


そもそもなぜ地上デジタル波に移行するのでしょうか.
高画質化、多機能化はデジタル化するにあたっての副産物であって、
それが本来の目的ではありません.地デジ化の目的は電波の有効利用にあります.

現在の我が国の電波使用状況は飽和状態となっています.
例えば激増した携帯・PHS電話は今年の時点で1億件を超えています.
地上アナログTV用に使用しているVHFとUHFの周波数は、合計368MHzもあり、
この周波数帯域を空ける必要が出てきました.
これをデジタル化すると、少なくとも新たに22ch分、これまでアナログで使用してきた帯域の
約35%にも相当する広大な電波の「空き地」ができます.
そこに携帯向けマルチメディア放送や、道路交通システムの高度化、災害時の被災を低減する
通信システム等を組み込み、安全で豊かな暮らしを支える用途に使われる予定としています.

それに加えて、アナログ停波を延期すると、放送業界の経営に打撃を与える、という面もあります.
不要になるはずだったアナログ機材の保守・改修費等で、NHK・民放で年間100億円を超える
追加負担になるという試算があるほどです.体力のない地方局はデジタル化の経費だけでも
アップアップの状態にあるため、経営危機に陥るのではないかと言われています.

で、要するに地デジ化は「国策」なのですが、国の都合で制度を変えるのに、TVを買い替える、
もしくは地デジチューナーを買い足す等、なぜ自己負担を強いられなければならないのでしょう.
「わーい!ウチにも薄型TVがやってきたー!」と喜ぶのは子供だけにしておいて、なぜこんな
出費をしなければならないのか、と大人は疑問を持つべきです.

総務省は地デジ完全移行までの公金投入額を2000億円としていたようですが、今年5月に
まとめた経済危機対策には、エコポイント制度や学校等の公共施設のTV買い替えなどに
3600億円の追加対策費を盛り込んだ、とされています.
一体どこまで金を食えばよいのでしょうか.
そしてその公費負担は結局納税者にハネ返ってくるのではないでしょうか.

さらに別の問題として2011年頃には1712万台ものアナログTVが廃棄されるという試算があります.
どれほどの数のTVが不法投棄されるのでしょうか.考えただけでもうんざりです.
またビデオに関しても、ほぼ100%のVHS機は2011年7月には、そのままでは録画ができない
ただの「テープ見るだけ機」になってしまいます.もちろん地デジチューナーを接続すれば
録画はできますが、VHS機のために地デジチューナーを買い足す人はそうはいないでしょう.
そんなことをするならもう少し出してHDD/DVDレコーダーを買うはずです.
それにハイビジョンに慣れてしまった目には、VHSのボロボロ画質に耐えることができず、
結局それまで録りだめたテープもVHS機もゴミに.


以上が大局的な面での地上デジタル化の問題.
続いてちょっとローカルな面での問題.

例えば東京から山梨に来た人は、家々の屋根にほとんどアンテナが立っていないことに
お気づきでしょうか.
実は甲府を中心に山梨はCATV(ケーブルテレビ)がとても普及しています.
電話と同じく、電柱から各家庭にケーブルで電波を供給しているのでアンテナは不要なのです.
ではなぜそんなに普及しているのかというと、東京のキー局の放送が見られるからです.
これは図解で説明するとわかりやすい.
画像

山梨は山間地なのでそのままでは東京タワーから送信される在京キー局の電波を受信
できません.そこで山梨と東京間にある三ツ峠山頂にアンテナを設置し、CATV局から
ケーブルを通じて「再送信」しています.それで在京キー局の放送が見られるわけです.
甲府の場合、普通にアンテナを立てただけだと、NHK総合・NHK教育・山梨放送(日本テレビ系)・
テレビ山梨(TBS系)の4局しか映りません(しかもテレビ山梨はUHFアンテナが必要)
しかしCATVに加入すると、それに加えてフジテレビ・テレビ朝日・テレビ東京・テレビ神奈川・
NHK BS1・2が見ることができます.
地上デジタル波も再送信されており、周波数変換パススルー方式に対応した機器なら
地デジも見ることができます(一般に売られている機器ならほとんど大丈夫みたい)

もちろんタダではありません.新規契約時に100,800円、年間維持費に34,650円かかります.
それでも90%を超える普及率を示しているのは、在京キー局がそれだけ魅力あるからです.
例えば子供なんか友達とポケモン等のアニメの話題についていけないと仲間外れに
されちゃうし、大人だってドラマやスポーツ中継など見たい番組はたくさんあるからです.
しかしCATV局は1社のみで独占状態であるため、競争原理が働かず、値上げはしても
値下げされたことはありません.契約者はそれに不満を抱いていますが、その問題は
ここでは割愛します.

では何がローカルな問題かというと、非常にくだらないことなのですが、
テレビ東京のみ、地デジで再送信されていないのです.
つまり地デジ対応機器に替えても、テレ東だけは従来のアナログ放送でしか見られず、
しかも2011年7月にはアナログ停波で見られなくなってしまう、ということなのですが.
ウチ的には結構テレ東を見るので、それはイヤだなあと.

テレビ東京が地デジ再送信の同意をしていないからなのだそうですが、交渉は難航している模様.
フジやテレ朝は、かのCATV会社の株主になっているため、再送信することで視聴者も増える、
ということで再送信に同意しているようなのですが、テレ東は株主ではないため、再送信拒否
の一因になっているとのこと(Wikipediaによる)
合法的・効率的に視聴エリアが広がって視聴者が増えるのだからいいじゃないですか、と
素人考えで思うのですが、何か大人の事情があるのでしょうか.


ということで、長くなりましたが、書きたかったことをやっと書くことができました.
内容に間違いがありましたら遠慮なくご指摘ください.

                            参考資料 朝日新聞、ボクにもわかる地上デジタル(国野 亘)
                                         


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
地デジ化は全然納得できない。理由はトースケさんと同じです。結局、「嫌なら見なくていいよ」ってことなんだろうなと思うので、2011年以降は見ないという選択肢も残しています(つまり地デジ対応機器は未購入)。ウェブリブログの対応にゲンメツしてやめちゃったのと同じように。笑 
ぴぴ
2009/11/26 19:40
そんなあなたに アナロ熊
http://www.youtube.com/watch?v=F4hLdBZ-8ao&NR=1&feature=fvwp
実写(無音)
http://www.youtube.com/watch?v=KJYJUpU2Iyo&feature=related

alm
2009/11/26 22:14
ぴぴさん、お久しぶりっす!
ぴぴさんて、あまりテレビ見なさそうだから、妙に納得してます.
もうブログは書かないんですか?
ウェブリ、どうしようかな….
トースケ
2009/11/26 22:32
ダイジョブ、おれのクルマにはちゃんとアナロ熊のステッカーが貼ってあるよ.
トースケ
2009/11/26 22:33
うちはCATVに入ってなくてアンテナだけど各NHK、山梨放送、テレビ山梨、フジTV、テレビ朝日、テレビ東京がちゃんと見れますよ。今のところは。2011年7月以降はどうなるやら。その時を楽しみにしていよう。
えくる
2009/11/27 00:39
地デジに対する総務省の対応の怠慢さには腹が立ちますね。ご指摘の通り、2011年の完全地デジ化の時点で、地デジが受信できない地域が相応数発生することを、総務省はすでに把握済みです。それでも、この無電波地帯に対する対応を公表することもなく、対策を積極的にすることもなく、自らの利権の追及か何か知りませんが、地デジ化の推進ばかりをアナウンスしています。本当に、官僚は人の心のわからない人間の集まりですね。当然、メディアは地デジ否定の報道はしないでしょうから、こういったブログとかで地デジに関する問題を小さく取り上げるしかないのが残念でしょうがありません。
総務省は、2011年7月までに、全世帯が地デジを確実に見れるシナリオを早く検討し、発表すべきです。その前に、もちろん、電波対策を怠っていた事実をきちんと国民に公表してからのお話ですが。
ゆうたん
2009/12/03 19:58
ゆうたんさま、ご賛同ありがとうございます.
地デジ化の裏にどんな問題が隠れているかを知らない人が多すぎるために、少しでも問題意識を持ってもらおうとこの記事を書きました.
難視聴対策について具体的な方策がまったく見えてこないことが気がかりです.本当にアナログ波止めるでしょうか.ワタシは「停波延期」に3000点賭けてもいいです(クイズダービーかっ)
トースケ
2009/12/03 23:38

コメントする help

ニックネーム
本 文
地上デジタル化が孕む問題 忘月忘日(跡地)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる