忘月忘日(跡地)

アクセスカウンタ

zoom RSS カルビーポテチ新製品 38 壱岐の塩

<<   作成日時 : 2005/10/16 23:12   >>

トラックバック 0 / コメント 3

画像
袋裏の説明
玄界灘にのぞむ美しい島、長崎県壱岐。
「壱岐の塩」は、その沖合約100mから汲み上げた海水を100%原料にして作られます。
昔ながらの平釜でじっくりと時間をかけて煮詰め、丁寧に作りました。



先の「沖縄の塩」と同シリーズなのですが、出てからだいぶ経っているため、昨日スーパーで見つけたのは、製造日が8月31日のでした。しかたなく買ったのですが、やっぱり袋を開けた時の香りが、油がちょっと酸化している匂いでした。

味の方ですが、「七代目」さんがすでにレポートしてくれています。
七代目さんが言うように、「沖縄」より塩味がやや薄く感じます。
では「塩」そのものの味が沖縄と壱岐で違うか、というと、そんなことわかりません!
塩だけを舐め比べれば違いが分かるのかも知れませんが、ポテチについたわずかな塩で味の違いがわかるはずもありません。
だから味の印象は「沖縄の海水塩」と同じです。
なにぶんこっちは古いので、塩以外の味で負けてます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
トラバありがとうございます。
それにしても、塩の酸化具合まで嗅ぎ分けるなんてスゴイですね。
私の好みの塩分濃度は、壱岐の塩の方ですね。沖縄の方は私には塩辛すぎます。でも、酒を飲んでいるときは、沖縄の方がいいかも。
七代目
2005/10/18 02:11
あ、塩の酸化だって。ははは。油の酸化の間違いです。お詫びして訂正します。わりぃわりぃ^^;
七代目
2005/10/18 02:13
確かに塩辛さ的には壱岐の方が適切ですが、インパクトは沖縄の方がありますね。
ワタシはお酒飲まないのでわからないのですが、お酒飲む時は塩辛いものが食べたくなるのでしょうか?
トースケ
2005/10/19 00:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
カルビーポテチ新製品 38 壱岐の塩 忘月忘日(跡地)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる